くずれ・テカリを防ぐ夏のスキンケアとベース

いやあ……アッチーですね!!!

最近冒頭にこれしか書いていない気がしますが、もう、ほんと暑いとしか言いようがないです。ただでさえ冬は雪に埋もれるというのに、夏もこんなに暑かったら北海道に住んでいるメリットとはいったいなんなのだろうか、とさえ思います。

ハンカチにマイボトルはもちろんのこと、日傘に扇子、汗ふきシート、衣類用冷却スプレー……などなど、これだけ暑いと通勤や通学に際し持参&用意しておきたいアイテムも変わってきますね。(昭和の人間なのでハンディ扇風機とかは思いつかないです)

そして、それだけいろいろ用意、対策しても通勤・通学時の汗や皮脂によるメイク崩れが悩ましいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日は夏の化粧下地について考えたいと思います。

夏の化粧崩れの原因は皮脂と汗

夏のメイク崩れの原因は、ご存じのとおり汗と皮脂です。

暑くなることで体温があがるとそれを調整しようとして汗をかきますし、皮脂は温められてさらさらとしてどんどん分泌されます。水と油のダブル攻撃でメイクは脅かされるというわけです。どんどん出てくる汗や皮脂をハンカチ等でおさえ、汗が落ち着いた時に化粧直しを都度できれば良いのですが、なかなか現実は難しいもの。崩れにくい素地をつくるにはどうしたらいいのでしょうか。

油分少なめのスキンケアで、朝のメイクは粉っぽく仕上げる

10代から30代半ばくらいまでの女性は、まだまだ皮脂量が多い年代。自前の皮脂(油分)が十分なうえにスキンケア化粧品やベースメイクで油分を与えすぎると当然メイクが崩れやすくなります。

お肌の乾燥が気になる人も、油分でフタをしても乾燥は改善されないので、セラミドⅡやセレブロシドなどの角質細胞間脂質や類似物質、ヒアルロン酸やコラーゲン、リピジュアなどの水を抱え込む性質のある成分を組み合わせて取り入れ、肌の水分量を守る考え方のスキンケアに変えます。

参考

肌の一番うえの部分、角質層の水分のうち、約80%ほどが角質細胞間脂質に、残り20%弱がNMF(天然保湿因子)によって守られており、皮脂によって守られているのはたった2,3%ほどです。

当ブログ内過去記事

そのうえに塗るファンデーションは、パウダーがベスト。

余計な油分が含まれておらず、酸化亜鉛や酸化鉄、シリカなどの顔料が皮脂を吸着してメイク崩れを防ぎます。乳化剤や防腐剤もリキッドに比べるとすごく少ないので肌負担も小さいですし、パウダーファンデーションはたとえSPF表記がなくてもそのものに必ず紫外線防止効果があります。

パウダーだとうまく乗らないという人は、土台(肌そのもの)のコンディションが良くないので、先にご紹介した肌の水分量を守る考え方のスキンケアを最低2週間程度行ってから変えると、今までよりずっときれいに乗ると思います。

化粧崩れを防ぐ下地を活用する

撥水剤を含む化粧下地は、撥水剤が皮脂と汗をはじくため化粧崩れが起きにくくなります。また、顔料を多めに含む下地は顔料が皮脂を吸着するため、皮脂くずれをおきにくくします。

試しに製品を見てみましょう。

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地 超オイリー肌用25ml 3,080円(2021年7月現在amazonでの価格)

全成分

水、シクロペンタシロキサン、トリシロキサン、ジメチコン、パーフルオロヘキシルエトキシジメチコン、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、トリフルオロアルキルジメチルトリメチルシロキシケイ酸、カミツレ花エキス、アスナロ枝エキス、ポリシリコーン-9、PEG-12ジメチコン、硫酸Mg、BG、(メタクリル酸ラウリル/ジメタクリル酸グリコール)クロスポリマー、(スチレン/メタクリル酸ステアリル)クロスポリマー、合成フルオロフロゴパイト、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、メチコン

シクロペンタシロキサン、トリシロキサン、ジメチコン、パーフルオロヘキシルエトキシジメチコン ……と、ずらずらずらと撥水剤であるシリコーンオイルが名を連ねています。まさに撥水剤によって皮脂、汗でメイクがよれるのを防ぐ発想です。ほとんどの成分がシリコーンオイルです。

「塗った直後からサラサラ」なる文言の表記がありますが、おそらくエタノールのことかな? と。

エタノールの含有量が多いと、その揮発性によってスッとした感じがします。スッとした感じはあくまでも感触で肌に良いも悪いもないです。乾燥肌の人だと乾燥が進みますが、こちらは皮脂が多い人を想定しているので、問題ないのではないかと。紫外線防止効果がないので、別に日焼け止めを塗る必要があると思いますが、この下にどんな日焼け止めを塗ったらいいかというと、ちょっと難しいです。

なぜなら……

これなら、ノンケミカルタイプのウォータープルーフの日焼け止めだけを下地として活用した方が一石二鳥だからです。

ノンケミカル・ウォータープルーフの日焼け止めは化粧崩れ防止にも役立つ

ウォータープルーフの日焼け止めに使われる撥水剤は、皮脂くずれを防ぐ目的に使われるものと同じ性質の成分です。さらに、紫外線防止剤として酸化亜鉛や酸化鉄などの顔料を含む(特に高SPF値のものは多量に)ので、皮脂を吸着もします。

そのため、実はノンケミカルタイプで撥水剤を多く含む日焼け止めは、ケミカルタイプの日焼け止めに比べて肌負担が少ないだけでなく、化粧崩れ防止にも大変有効です。そのうえ紫外線防止効果も持っているので、夏場の化粧下地にはこれ以上の適任はありません。

まとめ

真夏の化粧下地には、紫外線防止効果と化粧崩れ防止効果をあわせもつ、ノンケミカル・ウォータープルーフタイプの日焼け止めを使い、普段のスキンケアでは角質細胞間脂質、ヒアルロン酸、リピジュアなどのしくみの違う保湿成分を取り入れ、油分に頼らないスキンケアで土台を整えます。そのうえで、朝のメイクではパウダーファンデーションを使って仕上げることで、日中の化粧崩れを抑えることができます。

ただし、洗顔や手抜きのクレンジングではこういう密着度の高い日焼け止めは落ち切らないので、油水混合ジェルタイプか、クリームタイプのクレンジング剤をたっぷりつかって、顔全体で40秒ほどくるくると馴染ませてしっかり下地を浮かせ、水で流します。

その後、洗顔もお忘れなく…!

***

おうちにいながら、本格派エステができます

2か月ほど使える保湿美容液と角質ケア効果もある洗顔せっけん付で、皮膚科学に則った基本スキンケアもお試しいただけます。

しかも送料無料です

5月の発売時、1週間も経たないうちに完売してしまい、現在再販中です。

日焼け止めあるあるを解決しよう

あっちーですね!!

昨日札幌では35℃を記録しました。21年ぶりだそうで……。

太陽さんのパワーが強いと、日焼けも絶好調に進みます。紫外線と赤外線には相乗効果があるそうです。

毎日のUV対策に欠かせない日焼け止め、使っているといろいろと気になることも出てきます。今日は毎年多いお問合せ「日焼け止めあるある」についてまとめてみたいと思います。

<日焼け止めあるある1>

洗顔しても落ちていない気がする

洗顔後も膜が張ったようになって玉状に水を弾いているのなら、それは落ちていないサイン。

密着度の高い日焼け止めを落とすときは、クレンジング剤をたっぷり手に取り、指の腹でクレンジング剤のうえを円を描くようにクルクルと動かし、日焼け止めが浮いてくるのを待ちます。このときの時間の目安は顔全体で40秒くらい。この40秒という時間はいつもよりも「長め」であることが多いようです。

それでも落ちないようなら、クレンジング剤の洗浄力を上げることを考えてみてください。

参考
クレンジングの形状から洗浄力と肌への負担を推察する(過去記事)

<日焼け止めあるある2>

日焼け止めを塗っていたのに焼けた

考えられる原因は3つ

①ぬっている量が少ない
②汗や雨、皮脂などで落ちてしまった
③汗をぬぐったときや頬杖をついたときなどの摩擦で落ちてしまった

①②③全部、ということもありますが、対応すると改善しやすいのは「ぬっている量」です。
日焼け止めに表記のSPF値は、1平方センチメートルあたり2mgという規定量でテストされた効果で、これは実は相当な厚塗り。塗っているのに焼けるという場合は、いつも使っている量の倍くらいのイメージで重ねぬりしてみてください。厚塗りに抵抗があるときは、少なくとも頬骨周辺や鼻など紫外線がよく当たる場所には必ず重ね付けを。女性が日常的に使っている日焼け止めの量は、テスト時の規定量の1/4程度とも言われています。

ジェルやスプレー、ローションなど肌にたっぷり乗せにくい形状の日焼け止めをお使いなら、クリームタイプに変えるとしっかり肌にのせられます。汗っかきさんや皮脂が多い人、プールや海水浴などのレジャーの際は撥水剤がしっかり含まれているウォータープルーフタイプを選んでみてください。

<日焼け止めあるある3>

ごしごしすると皮がめくれてくる。かぶれたの?

恐らく、皮ではなく日焼け止めに含まれる「紫外線散乱剤」が浮いてきていると思われます。ノンケミカルタイプの日焼け止めの、主なサンスクリーン成分である紫外線散乱剤は粉状で、それを油性原料などと混ぜて皮膚のうえに伸ばしています。例えるならば、水で練った小麦粉を肌のうえに乗せている感じ。


なので、シャワーやお風呂のときに肌をこすると、垢のようにボロボロと出てくることがあります。その場合はゴシゴシこすって落とすと肌を大変傷めますので、クレンジング剤で乳化させて(浮かせて)流しましょう。

<日焼け止めあるある4>

日焼け止めを使っていると肌の調子が悪くなる

ケミカルタイプ(紫外線吸収剤使用)の日焼け止めを使っている場合は、SPF30前後のノンケミカルタイプの日焼け止めに変えてみる。ノンケミカルタイプの日焼け止めを使っている場合は、クレンジング・洗顔後の保湿ケアをもっと手厚くするなどの対応を。

ケミカルタイプの日焼け止めは、肌のうえで化学変化を起こすため負担となり、デリケートな方だと荒れたりすることがあるようです。ノンケミカルタイプはその点では肌にやさしいのですが、紫外線散乱剤は粉状のため皮脂を吸着し、乾燥することがあります。

とはいえ、気温が高く、紫外線が強い夏場は肌には負担が多い時期なので、日焼け止めが肌不調の直接の原因ではない可能性もあると思います。

以上、日焼け止めについてよくあるご質問、「日焼け止めあるある」でした。

紫外線は空から地上へまっすぐに降り注いでいるだけでなく、建物や植物などさまざまなものに反射しています。そのため、日傘や帽子での対策はUV対策としては不十分です。

美容の観点からは、少なくともお顔にはUV防止成分を含む日焼け止めや化粧下地、BBクリーム、ファンデーション(ファンデーションは基本的にはSPF表示がなくても紫外線カット効果があります)などを必ず塗り、日傘や帽子は熱中症対策にご活用ください。

***

1500円以下のいい日焼け止めをお探しなら

冒頭部分、日焼け止めの詳しい選び方については こちら で読めます。ムリョーです。

日焼け止めガチ勢の方はこちらへどうぞ。

毎週金曜更新……金曜20時更新なんです。気持ちは。

懲りずに目標は持ち続けます。

ウォータープルーフの日焼け止めは肌に負担なのか?

夏ですね。

毎年のことですが、この時期はUV化粧品と美白化粧品のお問合せとご相談がガッと増えます。わたしの頭のなかもそれでいっぱいです。今日は、ネットや紙媒体などあらゆるところで見かける「ウォータープルーフタイプの日焼け止めは肌に高負担」について考えたいと思います。

安くて肌にやさしい、ドラッグストアなんかで手に入る日焼け止めをお探しの方はこちらをどうぞ!

腕や脚などのからだに使うのに向いたものを1点、男性・お子さん含め体でも顔にも使えるオールマイティなものを1点、ファンデーションを重ねるときの化粧下地に向いたものを1点ご提案しています。

すべて試用済み、落ちるときはどのぐらいの洗浄で落ちるかもテストし、そのあたりのことも詳細に書いています。

さて、本題にまいりましょう。

ウォータープルーフにするにはどんな成分が使われている?

化粧品に使われる代表的な撥水剤はシリコーンオイルです。成分名はメチルポリシロキサン(表示名はジメチコン)、トリメチルシロキシケイ酸など。

シリコーンオイルというと、ノンシリコンシャンプーが流行ったせいで良くない印象があるかもしれませんが、成分そのものはネット状に皮膚を覆い、保護するもので決して皮膚刺激が強い成分ではなく、フェイスクリームやボディクリーム、ボディウォッシュ、ファンデーション、時には化粧水までさまざまなものに使われています。

撥水剤そのものは刺激が強い成分ではありませんが、ウォータープルーフの日焼け止めはそれらの成分が複数入ることで水や皮脂を弾く性質になっているので、クレンジングや洗顔でも落ちにくくなっています。

使ったあと、洗顔やクレンジングを1度しても、玉のように水を弾いたり、表面の覆われている感がいつまでも消えない……という体験をしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。これが、ウォータープルーフタイプの日焼け止めが肌負担になるというところの、ポイントです。

ウォータープルーフが負担になる場合

なかなか落ちないからといって、ごしごしこすったり(物理刺激)、強いクレンジング剤を使ったりすることは確実に肌への刺激、負担になります。また、落としきれずに、何日も肌のうえに日焼け止め成分が残った状態になると、肌へやさしいノンケミカルタイプでは、紫外線散乱剤である酸化鉄や酸化亜鉛などの顔料が付着した状態となり、皮脂が吸着されて乾燥したり、もともと肌への負担と刺激が強いケミカルタイプでは紫外線吸収剤が残ったままとなり、肌荒れを起こしたりしやすくなります。

そういう意味で、ウォータープルーフの日焼け止めは肌へと負担になることはあり得ます。

ウォータープルーフはやめた方がいいのか?

しかし、日焼け止めは十分な量が肌に密着した状態でのっていないと、その効果を発揮できません。(詳しくはこちら)そのため、ある程度の撥水剤は入っていないと、日焼け止めはそもそも紫外線を防止することができません。逆説的には、落ちにくい日焼け止めはよく働いてくれていると思ってもいいのかも。

日常使いする日焼け止めが必ずしもウォータープルーフである必要はありませんが、ウォータープルーフでない場合、どの程度の撥水剤が含まれているのか、一般の方がご自身で調べたり、試したりするのはなかなか骨が折れる作業です。その点、ウォータープルーフ表記があるものを選ぶのは、合理的な選択のひとつかもしれません。

ウォータープルーフタイプの日焼け止めの上手な落とし方

まずは、クレンジング剤を使うこと。「石けんで落ちる」表記があっても、その方が無難です。

石けんはアルカリ性の界面活性剤で、洗浄成分のなかでは洗浄力が強い方ですが、それでもクレンジング剤の方が皮脂や化粧品の油性原料を落とすのに優れています。石けんの方が肌負担が少なそうだからと、ごしごしこすることは、洗浄力の高いクレンジング剤を使うことよりも負担になります。

クレンジングが皮脂や化粧品などの油性汚れを落とす仕組みは、クレンジング剤が含む界面活性剤や油分などとそれらを乳化させて浮かせ、水で流します。流したあと、ぺったりした感触が多く残るのは界面活性剤が少なく、油分が多いクレンジング剤で、さっぱりした感触になるのは界面活性剤の多いクレンジング剤です。

いずれのクレンジング剤を使うにしても、クレンジングする際は、化粧品をたっぷり使って肌と指のあいだに十分なクッションを作り、肌を直接こすらないようにしてくるくると指でクレンジング剤と日焼け止めやメイクをなじませます。

時間はお顔全体でだいたい40秒くらい。短すぎるとクレンジングの油分や界面活性剤と日焼け止めが十分になじまず落ち切らないですし、長すぎるとクレンジングの洗浄剤が肌のうるおい成分まで乳化させて奪っていきます。

使用するクレンジング剤の種類はミルクかクリーム、または水性ジェルタイプが第一選択で、それでどうしても落ちにくい、扱いにくいようなら、油水混合ジェルタイプを考えます。

参考
クレンジングの形状から洗浄力と肌への負担を推察する(過去記事)

現在、ドラッグストア等で手に入りやすいクレンジング剤の多くが、油水混合ジェルタイプです。これは実はクレンジング剤のなかでは洗浄力が強く、肌への負担が大きい方のタイプです。年齢が若くても乾燥傾向の人、30代以上はほんとうはクレンジングはミルクかクリーム、水性ジェルタイプぐらいの洗浄力がおすすめです。毎日舞台に立つくらいのぱっちりメイクをしている人は別ですけれど……

あとは、スキンケアの基本ではありますけれど、肌のうるおいは20歳以降着々と落ちていますし、水で流すだけでうるおい成分は流れるものなので、クレンジングしたあとはしっかり保湿ケアすることは大切です。毎日メイクをする人は習慣になっているので問題ないと思いますが、普段すっぴんの人や、お子さんなどがクレンジングを使用した際は特に気をつけてもらえるといいと思います。

まとめ

ウォータープルーフにするための撥水剤そのものは肌へ刺激は少ないし、紫外線防止効果を得るには入っていた方がいい。ただし、落ちにくいので落とすときにごしごしこすったりすると、肌を傷める原因になる。

落とすときは、石けんでごしごしこすったりせず、ミルクかクリーム、または水性ジェルタイプのクレンジング剤とたっぷりつかって40秒くらい指の腹でくるくるして十分になじませてから流し、必ず保湿ケアをすること。