スキンケアにクリームを使った方が良い理由

ニベア 某超定番クリームは高級クリームばりに美容効果が高い、某超定番クリームに〇〇を混ぜるとしみが消えるなど、6~7年ほど前からザワザワしはじめ、一時より熱は冷めたものの、逆に定着した感のある、ニベア……いや、超定番クリームにまつわるあれこれ。

なぜこのような話が出てきたのでしょうか。そして、実際のところニベアを日常の顔の手入れに用いることによって、美容効果は得られるのでしょうか。

そもそもフェイスクリームってなんだろう

油分でフタをして水分蒸発をふせぐ、という考え方はすでに古いものになっており、うるおいを守る(増やす)という点では別にクリームというアイテムそのものが有効ということはありません。

参考:肌のうるおいが守られている仕組み

肌の一番うえの部分、角質層の水分のうち、約80%ほどが角質細胞間脂質に、残り20%弱がNMF(天然保湿因子)によって守られており、皮脂によって守られているのはたった2,3%ほどです。

https://skin-care.page/2020/03/01/473828073-html/(当ブログ内過去記事より)

皮脂(油分)が担っているのはたった2~3パーセントなのですよね。

はたらきの良い美容成分は油溶性(そのまま、油に溶けるという意味)のものが多いこと、クリームは基材が水と油性原料のため、油溶性の美容成分の濃度が高くなりやすこと。そのため、スキンケアに効果を求める場合は、要となる、最重要アイテムです。化粧水なんかよりはずっと大事だし、場合によっては美容液よりも大切です。

どんなクリームでもレスキューアイテムになりうる

年齢とともに肌のうるおいは基礎水準が落ちていくので、たいていの方が乾燥肌になっていきます。乾燥肌になってくると、肌をまもる仕組みであるバリア機能が弱くなっているので、些細なことでかゆくなったり、赤くなったりと肌荒れを起こしやすくなります。

このようなときは、化粧品がしみたりするのを怖がって何もつけなくなったり、肌への負担が少なそうなイメージのある化粧水だけをつけたりする人が多いようなのですが、実はそういう時にいちばん肌を労わってくれるのもクリーム。

クリームは基材に必ず油性原料も使われており、基材が水であることが大半の化粧水や美容液に比べると肌あたりが柔らかいので、傷んだ肌を守ってくれます。最近は基材(そのまま土台になるもの)に水がかなり使われているものも多いのですが、特に基材における油性原料の含有量が多いものはその傾向が強いのです。

ニベアの美肌効果の真相は

ズバリ、普段のスキンケアにクリームを使っていない人が多く、慢性的な乾燥肌とそれにともなう軽い肌荒れ状態にある人が多いから──ではないかと思います。

スキンケアアイテムにおける、クリームの役割、働きはご紹介したとおり。

毎日のスキンケアが化粧水だけだったり、化粧水と乳液だけだったりする人が、ニベアのようなこってりした油性原料たっぷりのクリームをつけると、びっくりするぐらい肌の調子が良くなることは十分にあり得ます。油性原料は肌の細かい傷をラップのように包んで守ってくれますので、その間に人間がもともと持っている恒常性によって肌の修復が進むというわけです。

みずみずしいものが肌によいとは限らない

化粧水はその90%超がただの水です。そのみずみずしさや、さっと肌になじむような感触が(実際は違うこともある)心地良いのは確かですが、残念ながら、必ずしも心地よい・気持ち良い=肌によいではないです。

年齢が若く、まだまだ肌そのもののポテンシャルが高い人は娯楽的位置づけで化粧品を選び、楽しむのも良いと思います。しかし、ある程度の年齢になってくると、心地よさも欲しいけれどそれ以上に肌にとって良いものを使いたくなるもの。

もし、肌の調子がすぐれない、気になることがあって、普段のスキンケアに化粧水のようなさらりとした液状のものや、ジェル状のもの、軽いテクスチャーの化粧品しか使っていないのなら、まずはこってりしたクリームを試してみてください。

しかも、冷房や汗のために隠れ乾燥が進行しがちな夏こそ、その効果を体感できるはず。

夜たっぷりとクリームを塗って、朝はしっかり洗顔すればアラ不思議。

普段と違う自分の肌に出会えるかもしません。


Amazonで1500円以下の日焼け止め、160点のなかから成分を確認し、「これは……!」と思ったものを取り寄せ、実際に試用したうえで厳選して3点の優れものを紹介しています。


PDF版
WEB版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA