ビーエス-コスメ セラミド美容液<美容液>

皮膚科学発想の保湿ケアとケアに有用なスキンケア化粧品について書いています。

皮膚科学発想の保湿スキンケア~理論編~

皮膚科学発想の保湿スキンケア~実践編~

今日も角質細胞間脂質配合のスキンケア化粧品をひとつ見てみたいと思います。

ビーエス-コスメ セラミド美容液

ビーエス-コスメ セラミド美容液 100ml
2,600円(2021年11月amazonでの販売価格)

セラミド美容液の全成分

水、グリセリン、クレアチニン、ポリグルタミン酸、セラミド1、セラミド3、セラミド6-Ⅱ、フィトスフィンゴシン、ヒドロキシプロピルキトサン、BG、シソ葉エキス、ヒアルロン酸Na、コレステロール、ラウロイル乳酸Na、カルボマー、キサンタンガム、1,2-ヘキサンジオール、トレハロース、エタノール、メチルパラベン

セラミド美容液の成分について

表示TOPは基材の水、それにマイルドで安価な保湿剤であるグリセリンがつづき、ここまでは本当によくあるというか、化粧水のセオリーみたいなものですね。

次にクレアチン、ポリグルタミン酸がつづいています。

クレアチンはアミノ酸の一種で、天然保湿因子のひとつ。ポリグルタミン酸はその天然保湿因子の産生を促進する効果があるという保湿剤です。

その後は、角質細胞間脂質のエースであるセラミドたちが名を連ね、そのセラミドの産生を促進する効果を持つフィトスフィンゴシンまで見られます。

成分を見るかぎりでは、皮膚科学に基づいた最高の美容液です。

でも、恐らく…… この製品の実際のところは、大半が水とグリセリンで増粘剤のキサンタンガムとカルボマーによってとろっとした形状の化粧水かと思います。

なぜそのように考えられるかというと、アミノ酸類というのはもともとそんなに濃度高く入るものじゃないようです。製品の質感を損なうことが多いらしく…。

さらに、セラミドやフィトスフィンゴシンのあとに基材の次に多く入ることが多いマイルドな保湿剤、BGが見られますが、この表示順だとセラミド類>BGか、もしくは、セラミド類と同じ濃度でBGが含まれているということになりますが、スキンケア化粧品の常識として、BGとセラミド類を同濃度で含むことはあり得ず、ましてやBGの方が濃度が低いなどということは非現実的です。

つまり、グリセリン以後の成分はごくごく、少量入っているという可能性が高いのです。

なのでたぶん、恐らく……容器が簡素でその分の経費がかかっていないことを差し引いても、ほとんどが水とグリセリンだと思います。そして、名称は美容液ですが、こういう構成のスキンケア化粧品は一般的には化粧水のカテゴリーになるのではないかと思います。

まとめ

ビーエス-コスメ セラミド美容液 は水とグリセリンが主になっている一般的には化粧水に分類されるスキンケアアイテム。とろっとしているのは、保湿力に関係するものでなく、カルボマーとキサンタンガムという2種類の増粘剤によるもの。

洗顔後に肌を整える目的で化粧水として使いたい製品という印象。

印象……の訳は、こちらの製品は、試用しておらず成分を見ただけで好き勝手にほざいているだけだからです。

セラミド類がほんのほんのちょっとしか入っていないとしても、100mlで2600円という価格設定は絶妙でお値打ち感ありますけれどね。

保湿効果を期待する方には向かないけれど、デイリー使いの化粧水としては使いどころがあるように思います。

流川製薬 ヒメネムリ<夜専用美容液>

先日、皮膚科学的保湿ケアについて理論と実践編についてまとめました。

皮膚科学発想の保湿スキンケア~理論編~

皮膚科学発想の保湿スキンケア~実践編~

今日は実際に角質細胞間脂質の配合されている市販の美容液を見ていきたいと思います。

流川製薬 ヒメノネムリ

美容液 ヒメネムリ【 毛穴 】ヒト型セラミド 原液配合 【夜用エイジングケア】男女兼用 パラベン不使用 C31 20ml 2,980円(2021年1月amazonでの価格)

ヒメノネムリの全成分


水, グリセリン, シクロメチコン, PEG -10ジメチコン, ペンチレングリコール, ジメチコン, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, BG, ウンカリアトメントサエキス, セラミド1, セラミド2, セラミド3, セラミド5, セラミド6Ⅱ, ホホバ種子油, ヒアルロン酸Na, (ジメチコン/(PEG-10/1 5))クロスポリマー, ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル), ジメチルシリル化シリカ, テトラヘキシルデ カン酸アスコルビル, パルミチン酸レチノー ル, ポリグルタミン酸, パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na, スーパーオキシドジスムターゼ, ジラウロイルグルタミン酸リシン Na, (アクリレーツ/アクリル酸アルキル (C10- 30))クロスポリマー, 硫酸Mg, マルトデキストリン, フェノキシエタノール, 水添レシチン, ダイズステロール, 香料

ヒメノネムリの成分について


若々しく輝きを放つ潤い

就寝前に利用し、翌朝すぐに肌触りが変化します

肌が弱い方にもおすすめの夜用エイジングケア

などの、魅惑のワードが並んでいるうえに三千円以下ということで、消費者の心理をくすぐるツボがしっかり押さえられています。

Amazon新着ランキング第一位もうなずける…!

その真価やいかに。

成分表示は、水, グリセリン, シクロメチコン, PEG -10ジメチコン, ペンチレングリコール, ジメチコン, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、BG……と続いています。

定番のグリセリンを除くと、美容訴求成分として最初に出てくるのは、一応「ペンチレングリコール」で、それ以前は基材とシリコーン油です。

一応、と書いたのはペンチレングリコールというのは保湿剤であると同時に抗菌剤でもあるので。

防腐剤フリーの化粧品をつくる際や、防腐剤の含有量や種類を抑えたいときにも配合されるそうです。保湿効果のほどは非常に穏やかなタイプ。安価な化粧品や古典的な化粧品にもBGと同じように必ずといって良いほど使われます。

シリコーンオイルには肌表面を覆い、やわらかい質感をつくりだす、化粧品の成分を均一に混ぜる、分散させる、水をはじくなどさまざまな働きがありますが、肌そのものに良い変化を起こすような働きはもっていません。

シャンプーのあとに使うコンディショナーをイメージしてもらうと分かりやすいですが、塗るとしっとり柔らかな感じになりますが、角質層の水分量を増やしたりとかそういうことはなく、あくまでもそういう感触を作り出すものです。ただ、ネット状に皮膚を覆うので、皮膚を保護するようなはたらきはあります。

皮膚のうるおいを守る仕組みのなかでは、「皮脂膜」に近いかも。

そして、BG以後の成分表記にはそうそうたる面々が名を連ねております。

ウンカリアトメントサエキス

セラミド1

セラミド2

セラミド3

セラミド5

セラミド6Ⅱ

(中略)

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

(中略)

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

パルミチン酸レチノー ル

(中略)

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

セラミドは全種類、そして合成セラミドである ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル) そのうえ、非常の安定度の高いすぐれたVC誘導体である テトラヘキシルデカン酸アスコルビル に、抗老化成分として医薬部外品有効成分として認められているパルミチン酸レチノー ル(ビタミンA誘導体)に、同じく抗老化成分である ウンカリアトメントサエキス (通称AC-11)まで見られます。

マジかー!! 肌に必要な保湿成分と、取り入れたいもの(ビタミンC、A)が全部入っているーーーー!!!

そう簡単な話にならないのが、化粧品のおもしろいところです。

たぶん、しっとり柔らかな手ざわりはシリコーンオイルによるもの

恐らく、こちらの製品の大半はBGまでの表記の成分、特にシクロメチコン, PEG -10ジメチコンなどのシリコーンオイルの含有量が高いものを思われます。

なぜなら、各種セラミドはおろか、AC-11にレチノール、油溶性VC誘導体なんかをそれぞれ効能が実感できる程度の濃度を入れた製品など、こんなお値段では絶対に不可能だからです。

10年以上前から累計で5千点くらいの化粧品を見ていますが、ヒト型セラミドを高濃度に含む美容液は未だ製品化されたものを見つけていません。また、レチノールを高濃度配合の化粧品は単価が1万円前後のものが主流です。

先日、amazonで買えるビタミンC誘導体配合化粧水で取り上げた、トゥベール 薬用ホワイトニングローションαEX 120mlはL-アスコルビン酸リン酸エステルナトリウムという非常に新しく、珍しいVC誘導体を6%という高濃度で含む化粧水でしたが、そのお値段は4,250円。ヒト型セラミドはどうしたってVC誘導体よりはずっと高価な成分なので、そのあたりからも推察できます。

つまり、これらの魅力的な成分たちは入っちゃいるけど、申し訳ていどというのが実際のところだと思います。

うたい文句にある、「 就寝前に利用 し、翌朝すぐに肌触りが変化します 」という文言からもそう想像できます。シリコンオイルほど、塗ってすぐ手ざわりが良く感じられる成分ってないんです。

だからといって、こちらの製品が悪いとか詐欺だとかという話にならないのも、化粧品のおもしろいところです。

シリコーン油がたくさん入っていると、塗ったあと肌はもちもち、つやつやした感じになります。

それは決して角質層の水分量が改善されて乾燥肌から脱するとか、そういう本質的な話ではないんですけれど、確かに感触はよくなります。そして、化粧品の定義は「人の身体を美化し、魅力を増し人体に対する作用が緩和なもの」なので、それで全然OKです。

まとめ

流川製薬 ヒメネムリはすごい成分が入っているけれど、たぶん実際に入っている量はほんのちょろっとで、多くはシリコーンオイル。

根本的に乾燥肌を手当したいとか、しみやしわをケアしていきたいという目的には向いてないけれど、塗ってもちもち、しっとりした感触が楽しめる、気持ちの良い美容液。お休み前のスキンケアを楽しみたい人に向いた製品だと思われます。

なお、こちらの製品は成分を見た印象だけで好き勝手言っているので、実際のところは全然違う可能性もあります。

なにを信じ、どう判断するかはご自身の美容観に添ってどうぞ。

皮膚科学発想の保湿スキンケア~実践編~

前回、「皮膚科学発想の保湿スキンケア~理論編~」という記事を書きました。

今回は必要な成分や使い方などを書いていきたいと思います。

おもに必要な成分は細胞間脂質・天然保湿因子

肌のうるおいは肌のいちばんうえの部分、平均0.03ミリの角質層に含まれる30%の水分のこと。

その水分の約8割は角質細胞間脂質によって、残り2割弱が天然保湿因子によって、そして2,3パーセント程が皮脂を中心とした皮脂膜によって守られています。しかしながら、年齢や体調、環境等によってそれらが不足したり、うまく働かなかったりするために水分量が低下します――ここまでが前回のおさらいです。

なので、理論的には細胞間脂質、天然保湿因子を補ってやればOKです。

以下に主な成分名を並べます。

細胞間脂質

細胞間脂質のうち、約50%を占めるのがセラミド、約20%が遊離脂肪酸、約15%がコレステロール、約10%がコレステロールエステル、残5%ほどが糖脂質となっている。化粧品に配合される成分名例は下記のとおり。

セラミド1
セラミド2
N-ステアロイルフィトスフィンゴシン(セラミド3)
N-オレオイルフィトスフィンゴシン(セラミド3)
セラミド6Ⅱ

天然保湿因子(NMF)

天然保湿因子の組成は約40%が遊離アミノ酸、約18%が無機塩類、ピロリドンカルボン酸、乳酸塩が各12%程度、7%が尿素、アンモニア・尿酸・グルコサミン等が1.5%ほどとなっている。美容訴求成分名は下記のとおり。

アスパラギン酸Mg
アラニン
リシンHCI
グリシルグリシン
尿素
乳酸Na

選ぶ難しさ~セラミドの濃度が薄すぎる件~

うるおいを保つために必要な成分名もその理由も分かりました。

しかし、最大の難関は条件に合致する製品をこの星の数ほどあるスキンケア化粧品のなかから選ぶことです。

お肌のうるおいのうち、80%ほどが角質細胞間脂質によって守られており、その細胞間脂質を構成する物質のうちの実に50%がセラミドです。ということは、乱暴に言えば「乾燥肌にはセラミド」なわけです。

セラミド配合のスキンケア化粧品は10年ほど前までは市販品にはほとんどなく、一部の業務用メーカーがつくっているだけでした。しかし、近年はドラッグストア等で販売されている化粧品にも「セラミド配合」と書かれているものを見かけます。ということは、ドラッグストアに行ってセラミド表示がある、またはPOPにセラミド配合と書かれている製品を使えば、乾燥肌から脱することができるのでしょうか。

残念ながら、そうは簡単にいかない事情があります。

実はこのセラミド、大変に高価な成分なんです。

そのせいか、ヒト型セラミド(保湿に深い関わりがあるのは特にセラミド2)が濃度高く含まれている製品を、私は未だかつて見たことがありません。市販品はおろか、業務用メーカーのものでもです。

クリームや美容液の市販品で数千円のもので、成分名にセラミドがあるものは、ヒジョーに濃度が薄く、ちょっとしか入っていない可能性が高いです。

え? セラミド5%配合とか書いてあるの見たことあるよ!

そういう方もいらっしゃるかもです。

たぶんね、それ、セラミドじゃないんすよ……

セラミド類似成分であり、その正体は恐らく”通称セラミド”です。

しかしながら、セラミド類似成分――通称セラミドは悪者ではありません。むしろお肌の救世主であり、懐にもやさしい天使です。

乾燥肌にはセラミド類似成分を濃度高く含んでいる美容液やクリームを使う

結論です。

セラミドはお肌のうるおいを保つ、増やすために必須の成分です。ただ、とても原価が高価な成分のため、実際のスキンケア化粧品に含まれているのはほんのちょっぴり。

だから、乾燥肌対策――いえ、20歳以降のすべての人は肌のうるおいと健康を保つために、セラミド類似成分をたっぷり、濃度高く含むスキンケア化粧品を使いましょう。

セラミド類似成分には、合成タイプ、植物由来タイプ、動物由来タイプがありますが、植物由来ははたらきが穏やか、合成は種類によります。ちょっとお値段が高くなりやすいですが、動物由来(セレブロシド)が効果を感じやすいです。

それでも、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの他の保湿剤と比べると、類似成分でも濃度が高いものはやはりお値段が高くなりやすいです。

こんなことを言い出すと、元も子もないですが、予算をどうにも上げられない場合は、それらの水分を多量に抱え込むタイプの保湿剤で多角的に保湿するという手もあります。

……と、いうわけでスキンケア化粧品選びは魔境です。

結論は、効果を重視するとスキンケア化粧品選びは手に負えなくなるでした。

次回、実際のセラミド配合化粧品の市販品などを取り上げてみられればいいな、と思っています!

***


このように、理論を背景にして実用性の高い製品を10年以上かけてコツコツと調べ、試用して合格した製品が現在私が取り扱っている化粧品です。

スキンケアに効果を求めたくなったとき、でも自分で調べ上げる時間的金銭的労力を節約したいときはわたくしめにご相談ください。

本来は、カウンセリングを重ねてその方に適切な商品の組み合わせをご提案させていただいた方がよろしいのですが、お時間がない方、コミュニケーションが苦手な方はこれまでの膨大なプランニングの結果から厳選した5つのセット商品もあります。